バレーボール連盟沿革

1.創立
昭和41年4月(1966年)
2.沿革
昭和41年4月 門真市バレーボール連盟が発足
 〃  浜光長氏が会長に就任
*記念大会を門真小学校校庭(6面)で開催
昭和41年5月 「門真バレー」(家庭婦人対象)がスタート
昭和58年 「小学生バレー」がスタート
昭和62年 「審判講習会」を実施
*連盟大会で相互審判制の運用へ
平成  9年 戸髙博幸氏が会長に就任
平成20年 川島一博氏が会長に就任
平成22年 「門真市家庭婦人バレーボール連盟」と統合
平成25年 加藤純司氏が会長に就任
3.活動内容 
(1)連盟事業
・一般男子6・9人制大会
・一般女子9人制大会
・家庭婦人9人制大会
・小学生大会
・審判講習会
・バレーボール教室
・その他
(2)大阪府大会等
・大阪府総合体育大会・北河内地区予選大会に代表チームを推薦、出場
・府民バレーボール大会(6種別)にチームを推薦、出場
・北河内家庭婦人バレーボール大会に代表チームで出場

問い合わせメール

送信いただいた後、ご回答をメールにてお送りします。