再大会のご案内 門真市民総合体育大会

『卓球競技の部』 改めて下記要綱にて開催いたします

令和3年度 門真市卓球連盟 行事予定

門真市卓球連盟 事務局 〒571-0037 門真市ひえ島町4番26号 岡 本  富 男 ☎ 072-881-5791 携帯 090-3871-9630

卓球連盟沿革


連盟の沿革

○ 昭和39年40年に門真市民総合体育大会に卓球競技一般男子の記録がある。

・優勝 松下電器産業 増田 登 とある。

○ 昭和41年4月1日 門真市卓球連盟として設立(1966年)

・初代会長に中道善太郎氏(元門真市議会議員)が就任 昭和41年~昭和51年

・市内の中小企業、松下電器各事業所の卓球クラブが活動、卓球競技が本格的になる。

・市民総体では、昭和42年から一般女子の部も行なわれるようになる。

・昭和48年から中学男子の部・女子の部も行なわれるようになる。

○ 第二代会長に土井 健氏(松下電器生研本部)が就任 昭和52年~昭和54年

・門真市内に卓球クラブチームの活動が始まる。

・中小企業の卓球クラブが徐々に廃部となる。

○ 第三代会長に永嶺 巖氏(睦卓球クラブ)が就任 昭和55年~平成元年・昭和55年度        から、卓球連盟の全大会活動記録が保存されるようになる。

・企業チームが減少する中、地域や小学校PTAのチームの設立に取り組む。

・昭和60年4月1日に北河内卓球連合会が結成、七市の卓球交流と技術向上に努める。

・平成元年より卓球技術向上を目指し、フリートレーニングが開始する。

○ 第四代会長に岡本富男氏(二島小PTA卓球部)が就任 平成2年~現在

・参加者全員が、複数の試合ができるように、予選リーグ・決勝リーグ・トーナメント        方式の大会を行なうようになる。

・視野の拡大・卓球技術向上を踏まえて、門真市初めてのオープン卓球大会を開催する。

・平成7年3月5日北河内卓球連合会創立10周年記念式典を開催。

・平成7年5月14日門真市卓球連盟創立30周年記念式典を開催。

・創立30周年記念誌の発刊。30周年記念オリジナルテレホンカード作成。

・平成9年国民体育大会なみはや国体卓球競技委員に参加協力する。デモンストレーシ         ョン競技ラージボール卓球大会に出場。

・平成10年第14回アジア卓球選手権大阪大会のアジ卓サポーターに16名参加。

・平成10年<門真オープン№5>大会をなみはやドーム・メインアリーナで開催。              男子76チーム、女子93チーム700名を越える参加者で盛会に開催する。

・平成13年第46回世界卓球選手権大会が大阪で開催、当連盟より2度の団体観戦に         行く。審判員、大会サポーター等、世界卓球選手権大会に協力する。

・平成13年度オールダブルス大会から新ルール11点ゲーム・5ゲーム1マッチ・              3ゲーム先取を取り入れ大会を行なう事になる。

・平成17年2月20日北河内卓球連合会創立20周年記念式典を開催。

・平成17年12月18日門真市卓球連盟創立30周年記念式典を開催。

・創立40周年記念誌を発刊。創立40周年記念ふれあい卓球大会を行なう。

・平成18年4月1日門真ジュニア卓球クラブを発足。時代を担う小・中学生の卓球選手       の育成に努める。

・平成21年4月より月1回、中学校の卓球クラブ員に卓球技術の講習会を開始する。

・平成22年6月旧門真市立体育館が閉館、卓球台を市民プラザ体育館に移動。                      8月29日門真市卓球選手権大会個人戦より、市民プラザ体育館にて大会を開始する。

・平成25年4月より、市民プラザ指定管理者奥アンツーカ(株)と門真市卓球連盟が パートナーシップを組み、卓球フリートレーニング、卓球講習会を開催する。